皮膚科でセラミドは処方してもらえる!?



セラミド完全ガイド~乾燥肌・敏感肌の救世主!疑問はココで解決!



セラミド完全ガイド » セラミドの選び方&使い方 » 皮膚科でセラミドは処方してもらえる!?

【Q.】皮膚科でセラミドは処方してもらえる!?

【A.】保険が効かないので処方されることは少ないです。

皮脂欠乏症、アトピー性皮膚炎、そして乾燥肌などで皮膚科にいくと保湿剤をもらえます。肌の状態や塗布する部位にもよりますが、 処方してもらえる保湿剤というのは、

● 白色ワセリン
● 尿素軟膏
● ヘパリン類似物質
● アズノール軟膏

などに限られています。

保湿力や肌のバリア機能の保護、低刺激といった保湿剤の条件を考えるとセラミドやヒアルロン酸、スクワランオイルなどを使っても 問題ないと思うんですが、病院で処方されるということはほとんどありません。

その理由ですが、保険が効かないからです。これが一番の理由です。

そのためセラミド入りのクリームなどを処方されたとしても保険が効かなかったり、そこの皮膚科の先生が開発に携わった「化粧品」としてのセラミドクリームではないかと思います。

美容皮膚科など保険適応外の治療が主な病院にいけば、セラミドクリームは普通に売ってますよね。

あくまで皮膚科で処方されるのは、実績もあり、保険が効く保湿剤です。市販の保湿剤でも病院で処方されたものよりも使い勝手や保湿効果を実感でき、 価格も気にならないのであればそちらを使っても大丈夫だと思います。

ただ、気をつけないといけないのは市販のものは保険が使えませんので、値段の差を埋めるだけの効果がないと使う意味がありませんし、 例え、赤ちゃん用、低刺激、無添加、アレルギーテスト済みといった表示があっても安全、安心ではないということです。

※代替物質が刺激やアレルギーを引き起こすことがよくあります。

セラミドそのものは肌にもともとある成分ですから低刺激で安全性の高いものですが、市販のもの、つまり化粧品となると余計な不純物や化学成分が入っている場合があるので、アレルギーやかぶれの心配なく使えるとは限らないということなんです。

この点は留意しておく必要がありそうです。