セラミドの数字って何の意味!?



セラミド完全ガイド~乾燥肌・敏感肌の救世主!疑問はココで解決!



セラミド完全ガイド » セラミドの選び方&使い方 » セラミドの数字って何の意味!?

【Q】セラミドの数字って何の意味!?

【A】11種類あるヒト型セラミドのどれか?を指します。

セラミド配合の化粧品の成分表示をみると「セラミド2」「セラミド3」など数字がついているものがあります。 これが何を意味するのかわからないという人がいるようなのでそれについてお答えしておきます。

セラミドの種類とその違いに詳しく解説してありますが、人間の皮膚には今現在、 11種類のセラミドのタイプがあるとされていてそのうちの7種類においてその働きが解明されています。そしてそれぞれには番号が割り振られています。

つまり、「セラミド2」「セラミド3」というのは11種類あるセラミドのタイプのうちのどれか?ということを示しています。 化粧品には特に肌の保湿や保護に影響するといわれるセラミド1.2.3.6が配合されていることが多いですね。

成分表示をみて「セラミド2」とあれば、人の肌にある「セラミド2」と同じ構造のバイオセラミドが配合されているということです。

同様に「セラミド3」と表示されていれば人の肌にある「セラミド3」と同じ構造のバイオセラミドが配合されていることになります。

バイオセラミドは人の肌にあるセラミドを真似て酵母から作ったセラミドで、 「別名:ヒト型セラミド」ともいわれるように肌にあるセラミドとまったく同じ構造をしているため、 成分表示でもセラミドの後に番号をつけることが許されています。

セラミドに番号がついているものは、肌にあるのと同じセラミドですから浸透力も高いですし刺激もありません。 肌に浸透してからも高い保湿力とバリア機能の向上作用を兼ね備えています。

そのためセラミド配合の化粧品を選ぶときは、配合されているセラミドに番号がついているかどうか?で選べば間違うことはありません。